傾く西日に照らされた”鹿島貨物”を撮る、JR貨物30周年ヘッドマーク掲出

”鹿島貨物”,1092レ,撮影地:十二橋
鉄道写真1870

9/29
ここのところ家庭の事情により鉄活を控えなければならない状況下に置かれているため、ブログ更新もご無沙汰である。

それでも「これだけは押さえておきたい」という意欲をかき立てるネタの報を頂いた。

それは、JR貨物発足30周年記念ヘッドマークを掲出した『EF65‐2063号機』が鹿島貨物運用に就くというもの。

実は今年の4月、同じく期間限定で同ヘッドマークを掲出した機関車が地元にやって来たのだが見事なまでのドン曇り、リベンジできぬまま掲出期間は終わってしまったのだ。

これはまたとないチャンス!天気も快晴ということで自宅から車で20分、十二橋駅へ向かった。
ホームに上がり駅先へ向かうと馴染みの大先輩方が既に陣取られていたので、私は後ろから抜かしてもらうことにした。

通過時刻までは小一時間あるので集まった皆さんと楽しく談笑、公衆の面前では決して話せない下世話な話題で盛り上がりあっという間に通過の刻に。

そして、傾きかけた西日に照らされた鹿島貨物がヘッドマークを誇らしげに掲げ颯爽と通過していった。
スポンサーサイト

万緑の水郡路、”風っこ奥久慈清流ライン号”

”風っこ奥久慈清流ライン号”,9823D,撮影地:上小川~袋田
鉄道写真1865

8/20
今年の夏の東日本は、戻り梅雨もあり天候が全く安定しない。
記録的な日照不足による農作物の高騰、海のレジャー客減少による経済的な損失と何かと暗い話題が多い。

しかし、夏の全国高校野球選手権大会は、埼玉県代表の花咲徳栄高校が埼玉県勢として初優勝するなど明るい話題もあり、私自身も連日高校生の熱い戦いにくぎ付けであった。

上記のような理由から今月の鉄活はほぼ行っておらず、ブログの更新もついに1カ月以上滞ってしまった。

そんな中でも1日のみであるが、野暮用も兼ねて『風っこ奥久慈清流ライン号』が走る水郡線へ赴いた。
天候は相変わらずなのでのんびり気長に撮影する。

まずは編成メインで2橋へ、だいぶ遅れての通過であったが速度はいたって低速運転、風景を楽しんでもらうためのお客様へのサービス精神が溢れる運転である。

さて、ここからはのんびり北上、大子手前でもう一発撮れれば良いかな?と思っていたのだが、風っこの足取りは遅く、袋田手前でも簡単に追い抜けてしまった。

そのままバイパスに入り橋梁が見渡せる歩道でスタンバイ、久慈川はやや濁流であるが、風っこ号は清らかに橋梁上を通過していった。

梅雨なれど快晴の空、緑広がる田園地帯にて”鹿島貨物”

”鹿島貨物”,1094レ,撮影地:大戸~下総神崎
鉄道写真1846

7/15
この週末の三連休も梅雨空は何処へやら?と思わせる晴れ間と、連日酷暑が続いた。
晴れることは有難いが、こう暑いと外に出るのも億劫になる...

だがせっかくの快晴の空、たまにはぷらっと貨物撮影でもということで沿線へ出向く。
場所はいつもの踏切、既に数名の同士と知り合いが思い思いの場所で構えてらっしゃる。

私もローアングルの50m単焦点で構図を決め、準備完了!
そして13時20分過ぎ、雑誌でも取り上げられるなど何かと話題の鹿島貨物が緑広がる田園地帯を通過していった。

1日限りの復活運転、『東北新幹線35周年”新幹線リレー号”』

”東北新幹線35周年新幹線リレー号”,回送,回9572M,撮影地:浦和~赤羽
鉄道写真1838

6/24
遡ること35年前の1982年6月23日、東北新幹線(大宮‐盛岡間)が暫定開業した。
当時はまだ、大宮‐上野間は開業しておらず、同区間を専用の新幹線連絡列車『新幹線リレー号』が運転されていたそうだ。

そして、東北・上越新幹線大宮‐上野間開業による1985年3月14日のダイヤ改正をもって運転を終了。

そんな懐かしの列車が東北新幹線開業35周年を記念して復活運転する。
運転区間は当時と同じ大宮‐上野間、使用車両も同時の面影を残す185系ストライプ編成による運転だ。

35年前というと、私はこの世に生を受けていないが、同列車の存在は存じ上げている。
ましてやシール式なれど当時と同じヘッドマークが掲出されるとのことなので是非撮影してみたい。

しかし、運転区間が区間、都市部の撮影地など滅多に赴かないのでポイントが全く浮かばない。
そういえばSNS等で浦電なる撮影地をよく目にする為、取り敢えず浦和電車区目指し車を進める。

予定では8時前には到着するつもりであったが、途中渋滞にハマってしまい到着したのが8時40分、そこで目にしたものは歩道の一角に夥しい数の三脚と脚立、まさかリレー号撮影にこんなに集まるとは!早い方は夜中の3時から陣を張っていたとか...

どうにかこうにか隙間産業で場所を確保し、暫しの待機。
後は運、かぶり電さえ来なければそれでよし!

9時10分頃、心配されていた北行きの京浜東北、上野東京ラインを見送ると、懐かしのヘッドマークを掲げたリレー号回送列車が独特の走行音を響かせて通過していった。

まぁ~湘南新宿ラインの裏かぶりには目を瞑ろう(笑)

東総の地に12系客車!”総武本線開業120周年記念号”運転

”総武本線開業120周年記念号”,9320レ,撮影地:成東~日向
鉄道写真1825

6/4
今年の5-6月は、JR総武本線「佐倉駅~銚子駅間」が開業して120周年となる節目の年。
それを記念して6月3、4日には、DE10ディーゼル機関車が12系客車を牽引するという特別列車が同区間で運転された。

3日の往路は、佐倉を出発して銚子に至る行程、4日の復路は、銚子を出発して同じく佐倉に至る行程でそれぞれ運転、各主要駅では出発式や催し物などのイベントが行われたようだ。

撮り鉄的にも乗り鉄的にも嬉しいイベント列車、地元ネタだけに私も気合が入る。

往路の撮影は、早朝より南酒々井にて同列車を待ったが、結果的に薄雲りかつ成田線をゆくNEXの裏被りという記録にも記憶にも残る結果で終了した。

翌日の往路は銚子を14時発ということで自宅をのんびり出発、馴染みの同士と合流し沿線にて待機している同業者を横目に見つつ、成東を経由して日向駅近くのストレートポイントへ。

同地も既に置き三脚、置き脚立などはあったが、ハイアングルならまだまだ余裕あり、昼食も事前に食べたし移動もしないのでハスキーを立て場所を確保、1日ぶり、久方ぶりに会った知り合い・同士と談笑し時間を潰す。

ここまではのんびりとした時間が流れたが、時が過ぎるに連れて鉄ちゃんの数も多くなり、大変賑やかな状態に(^^;

そして、もう一つの懸念材料が空模様、次から次へと湧いた雲が流れてくるのだ。
14時を過ぎると曇っている時間の方が長く、雲だけに暗雲が立ち込める。

先行して上る特急しおさいや普通列車はマンダーラ、こりぁ~厳しいかもしれない。
僅かな可能性を信じて待つこと暫し、15時35分過ぎホイッスルが聴こえた!!

徐々に近づく赤い車体、もう雲の動きなど気にせず列車に集中、結果は見事なVカットを頂戴することができた!
NEXT≫
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR