快速『房総の休日』、八重桜街道を進む”いすみ鉄道キハ28・52”

快速,100D,撮影地:大多喜~城見ヶ丘
鉄道写真1725

4/23
前週末の土曜日はレトロ花めぐり号目当てに南東北へ遠征するも、晴れカットはゼロ。
そんな悪い流れを払拭すべく、今週末は晴れ予報を信じていすみの里へ赴いた。

沿線は田植えの真っ只中、あちらこちらで耕運機や軽トラに乗ったおいちゃんおばちゃんの姿を目にする。

農作業とキハを上手く絡めることが出来れば幸いなのだが、なかなか難しいモノがあるのが実情。

結局一発目の快速列車は八重桜が見頃を迎えた城見ヶ丘のオーバークロスで狙うことにした。

2年前同じ立ち位置で撮影した時は列車を惹きつけた構図であったが、今回は500mm以上の望遠で狙ってみる。

線路の両端に花が咲く八重桜街道である同地、奥の橋梁まで全て入れる構図でセット。
先行のムーミン列車でミントを確認し、本番の刻を迎える。

だが、ここに来て陰湿雲の襲来!
既に列車は見えているのに見事な曼陀羅、半ば諦めかけたが切り位置に滑り込んだその時、雲が抜け全開露出で撮影することができた。
スポンサーサイト

花曇りもまた宜し、”レトロ花めぐり号”を船岡城址俯瞰にて

”レトロ花めぐり号”,9570レ,撮影地:船岡~大河原
鉄道写真1699

4/15
列島は春真っ盛り、桜前線も北上し間もなく本州を越え北海道地方へ到達する。

さて、先週末は昨年に引き続き東北本線(仙台~郡山間)にてED75機関車が旧型客車を牽引して走る『レトロ花めぐり号』なる列車が運転された。

同区間は、柴田町船岡の船岡城址公園、一目千本桜、福島の花見山と南東北随一の桜の名所であり、例年多くの観光客で賑わいを見せる。

そんな中、一度は赴きたかったのが船岡城址公園の俯瞰ポイント、絶景と鉄道のコラボ写真が撮影できるとあって人気の高い場所だ。

運転設定は2日間だが、日曜は自宅運用のため私に与えられたチャンスは土曜日の1日のみ、当日の天気は決して良い予報ではなかったが、馴染みの同士と共に深夜の常磐道、磐越道、東北道を北上した。

途中休憩をはさみ、薄明るくなった頃には駐車場に到着、機材を携え朝の清々しい空気と満開の桜を眺めつつ山を登る。
頂上には既に数名陣取られていたが、まだまだ空きはあるので一先ず場所は確保、一旦下山し朝食を摂る。

その間も続々とやって来る鉄ちゃん、7時過ぎに再び頂上に戻ると、結構な数の三脚が乱立していた。
天気は今のところ晴れ、このまま本命通過時刻までもってくれ!と念じるも、その思い届かず。

9時前には一面灰色の空に覆われてしまった...
気持ちを落ち着かせようと売店にておでんを購入し頬張る。

これがまた絶品!生姜の効いた味噌ダレが格別であった。
まぁ~花曇りも乙なもの、おでんの味に免じて許そう!

そして9時43分、船岡駅を発ったナナゴことED75に導かれ、レトロ列車が低速で眼下を通過していった。

佐原は両総用水の桜並木、”鹿島貨物”1093レ

”鹿島貨物”,1093レ,撮影地:大戸~佐原
鉄道写真1672

4/13
関東地方の桜も間もなく見納め、ここ小江戸佐原の両総用水もピークは過ぎ、川面に花びらが浮かぶ花筏となっている。

毎年、撮らねばと思っていた同地であるが、なかなか予定と天気が合わず未だ納得のゆくカットはゼロであった。

そしてこの日、昼時に空きが出来た為、出先から佐原の水源橋に向かい貨物列車を狙う。
本年のダイヤ改正でEF210(桃太郎)の運用であった列車がEF65に変わり、撮影の楽しさが増えたのは嬉しい。

通過10分前の到着であったため、アングルや立ち位置を吟味する時間がない、取り敢えずアイレベルで狙う。
曇ったり晴れたりと安定しない天気、雲の流れも早く、通過直前までどうなるかわからない。

さぁ~踏切が鳴った!今は晴れている来い!
数秒後、全開露出の中、PF貨物が通過した。

その数秒後、曇ったことは言うまでもない。

旅情奏でる大鐵『さくらヘッドマーク』、”SL急行「かわね路号」”

”SL急行「かわね路2号」”,102レ,撮影地:抜里駅
鉄道写真1669

4/4
いよいよこの日の撮影紀行も終盤、大井川鐵道では桜が咲くこの時期、昔懐かしき寝台特急さくら号を彷彿とさせる「さくらヘッドマーク」をSLに掲出して運転している。

そのバリエーションは富んでおり、本年も2種類のマークが掲出された。
気になったのが一般的な平たいモノとは異なり、中華鍋のような独特な丸みがあるヘッドマーク。

調べてみると、寝台特急運転時、九州内でのみ使用された専用のマークだったそうだ。
これはガッチリ面縦で撮影したい!

家山駅周辺は人も障害物を多いということで、以前ネットやSNS上で見た抜里駅先端のポイントへ赴いてみると何と!カメラを構えた女性二人の先客がいらっしゃっるではないか!

だが、どうやら上り電車待ちのお客さんだったらしく、同電が発つとポイントには私一人となった。

ここは800mm以上の望遠が必要、APS‐C機に望遠400mm+テレコンを装着し、850mm相当でファインダーを覗くと、茶畑の霜よけファンも十分にかわせる。

AFは効かないため、慎重にピントを合わせて待つこと15分程、SLの汽笛が里に木霊すると、旅情を奏でる「さくらヘッドマーク」を掲げた「かわね路号」が抜里駅を通過した。

渋さ際立つ面構え、大鐵の”E10形電気機関車”

”EL急行”,1104レ,撮影地:大和田~福用
鉄道写真1663

4/4
笹間渡の笹間川橋梁を後にし、大井川鐵道桜シーズン恒例の家山折り返しの臨時客車列車を狙うべく再び福用へ。

同列車は新金谷₋家山間を3往復運転するのだが、家山駅では機関車の入換作業が出来ない為、必然的に電気機関車が先頭に立つ列車が運転される。

桜シーズンを除けばEL牽引の客レを撮影できるのはイベント時のみの為、とても貴重な列車なのだ。

その為、福用界隈もそこそこの人出を予想したが、辺りには誰もおず拍子抜け、時間もあまりないので目ぼしい場所を見つけて三脚を立てる。

光線状態を考えるて面重視の縦アングルが良いだろう。
背後の工場が上手く隠れるようロー気味に構えて準備完了。

一息つくのも束の間、SLの汽笛とELの警笛が木霊すると、渋き面構えのE102電気機関車が姿を現した。
NEXT≫
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR