FC2ブログ

新たな時代の幕開け、E257系”成田山初詣臨時”

団体,9834M,撮影地:安食~小林
鉄道写真1383

1/3
毎年1月は各地から大本山成田山新勝寺へ初詣に向かうお客さんを乗せた初詣臨時列車通称成田臨が運転される。

そんな成田臨だか、本年は大きな転換期を迎えた。
昨年までは、波動用や特急踊り子として活躍する185系の入線が目立ったが、今年はその数を減らし、E257系500番代が台頭し始めた。

その為か沿線に出向いても撮影者は数える程度、まぁ~少ないことに越したことはない。

往路は郷部の西野内踏切、復路は定番の長門橋で撮影する。
前日も運転された同列車だが、長門橋のポイントは薄雲が噛んでしまい露出が下がったらしい。

この日は多少雲は浮かんでいたものの曇る心配はなさそう。
そして15時50分、立ち位置横の踏切が鳴り出すと、傾いた西日を存分に受けた新進気鋭のE257系が長門橋を通過した。
スポンサーサイト



白昼の総武本線を下る”ロンチキ工臨”モノサクトンネル飛び出し

”銚子工臨”,工9485レ,撮影地:物井~佐倉
鉄道写真0133

7/27
これだけ立て続けに工事臨時列車が運転されることは近年まれであろう。

先日定尺チキが走ったかと思ったら、この週は今月2回目のロンチキ工臨、1回目の列車は撮影できなかったのでこの日は知人と共に総武本線から撮影しようということで高速で佐倉市内へ。

天候が安定しないこともありポイント選びには苦慮したが、どちらに転んでも無難な絵が撮れるモノサクのトンネル飛び出しへ赴いた。

同業を警戒し1時間前には現地に着いたが、いらっしゃったのは貨物列車を狙っていた大先輩お一人であった。

最終的に集まったのは私たち含めた鉄3名と、線路を挟んだ向かい側に工事現場作業員のお兄さん5名、計8名で工臨を出迎える。

さぁ踏切が鳴った!トンネル内にDE10の2灯が徐々に近づき、アウトカーブに差し掛かったところで連続でシャッタを切った。

長閑な田園に咲くひまわり、”銚子チキ工臨”と共に

”銚子工臨”,工9485レ,撮影地:滑河~下総神崎
鉄道写真2844

7/20
京成本線にて幸せの黄色い電車を撮影後は、自身の昼食、マイカーにもガソリンという名の昼食を与え移動を開始。

この日はディーゼル機関車牽引の銚子工臨も併せて運転されるため、毎度おなじみの成田線は幡谷踏切へ向かう。

それにしても茹だるような暑さ、比較的涼しい地に住まう私は内陸部の暑さを身にしみて痛感した。

取りあえず1発目は無難な編成写真を押さえ、知人と共に2発目のポイントを探す。

線路沿いの道路を流して走っていると丁度道端に咲くひまわりを発見、線路からは若干離れているが上手く撮影できないかということでカメラ片手にアングルを吟味してみる。

よし!何とか撮影できそうだ!
2本の普通列車で大まかな構図を確認し、いよいよ本番だ。

15時20分、滑河方からやって来た赤い凸が夏らしい光景に彩りを添えた。

巻層雲下の”鹿島貨物”、インカーブ築堤を駆ける

”鹿島貨物”,1092レ,撮影地:十二橋~香取
鉄道写真2832

7/3
既に梅雨明けした関東地方、この日も多少なりは雲は出ているものの清々しい青空が広がった。

さて、文月に入り鹿島貨物運用(1093~1092レ)には3日連続で原色機が登板している。
1日は快晴のモノサクは亀崎踏切にて貨物列車を押さえた。

あくる日も晴れたが自身は撮影できず、SNS上のVカットを指を銜えて眺めていた。

そしてこの日、そそくさと雑務を片付けて沿線へ向かう。
といってもそこまで遠出は出来ず、時間もギリギリだったので一度撮影しておきたかった鹿島線の築堤インカーブへ。

到着するなり潮来で交換する普通列車が通過してゆく。
足回りの草は伸びているが、広角アングルで撮ればさほど気にならないだろう。

サイクリング途中のおじさまに「あんちゃん、貨物列車かい?暑い中ご苦労さん」との声援を受けつつ列車を待つ。

ガタゴトガタゴト橋梁を渡る独特の走行音が聞こえると、トラス橋梁を渡り終えた貨物列車がインカーブ築堤を駆け抜けた。

夏のモノサクに”185系ストライプ編成”現る

”団体臨時列車”,9454M,撮影地:佐倉~物井
鉄道写真2736

7/1
今年の関東地方の梅雨明けは6月29日、観測史上最も早く気象庁、気象協会、お天気お姉さんもさぞ慌てたことであろう。

鉄ちゃん的には嬉しい限り、2018年後半戦スタートのこの日も概ね晴れ間が広がった。

さて遡ること半月前、友人より185系の10連が成田にやって来るとの情報を頂いた。
時刻を見ると16時半過ぎに総武本線を上る、これは物井‐佐倉間、通称モノサクにてベスト光線で撮影ができそうだということで楽しみにしていた。

「185系なんて成田臨で撮影できるじゃん」と言われればそれまでだが、夏場の青々とした背景の中、撮影することに意味があると私は考える。

しかし、この日は鹿島貨物1092レに特急色充当ということもあり、早い時間からモノサク界隈は鉄ちゃんで賑わいを見せていた。

顔見知りの知人・友人も続々と集まり、○○談議に花が咲く。
そうこうしているうちにあっという間に時が経ち1発目の本命185系の通過時刻。

何やら少々遅れているとの情報もあり、被りが心配されたが下り列車は早々に抜けた。
そして鹿島川を渡ってやって来る4灯が見えると、ストライプ編成は足早に亀崎踏切を通過していった。
NEXT≫
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR