FC2ブログ

湊線の最古参車両”キハ205”、褪せし車体もまた趣あり

普通,131D,撮影地:金上~中根
鉄道写真2365

4/8
今年の桜前線の北上は早い、各地の桜関連のイベントは予定を繰り上げて実施を余儀なくされ、主催者や自治体は頭を悩ませたことであろう。

さて、4月7・8日は、陸上自衛隊勝田駐屯地グラウンドがお花見向けに一般公開されるイベントに合わせ、ひたちなか海浜鉄道の最古参車「キハ205」が営業運行された。

那珂湊駅825発の下りから運用に入った同車、まずは乗り鉄で湊線の旅を楽しむ。
DMH17の唸るエンジン音に癒されつつ磯崎まで乗車、酒列磯崎神社に参拝し、再度列車の旅へ。

勝田~阿字ヶ浦間を計2往復乗車し、午後からは中根界隈で撮り鉄活動、駅近くの水田には1か所だけ水が張られており、これは絶好の好材料だ。

あわよくば水鏡でもと淡い期待をしつつ農道に腰かけ、先ほどまで乗っていたキハを待つ。
ピュ~ピュ~、残念ながら風が吹き、湖面が大きく揺らいでしまったがこればかりはしょうがない。

さぁ~間もなく老兵がやって来る時刻、背後より徐々に大きくなるジョイント音が聴こえると、列車は減速、中根の駅へ入線していった。

車体は確かに色褪せているが、これはこれでまた趣があるのではないだろうか。
スポンサーサイト



冬枯れ林を抜けゆく”キハ205”、溜池踏切にて

普通,123D,撮影地:金上~中根
鉄道写真1474
降り注ぐ太陽光を存分に受け、林のトンネルを抜ける。

1/28
快晴の下、磯崎界隈で勝田行きキハを撮影地後は、自身も後を追うように勝田方面へ移動。

といっても田んぼや木々は冬枯れ、手堅く編成を抑えようにも金上₋中根間では、まだ側面が弱い。

そこでふと思いついたのが、溜池踏切の望遠アングル。
片手に収まる便利な端末で作例を探すとあった!

私が持ち合わせている機材では、望遠が足りないような気もするが、一先ず現地へ向かってみる。
幸い同地も同業の姿はなし!早速踏切注意柵横にて確認すると、悪くない構図であった。

同踏切、幅員は狭いのだが抜け道である為、意外に交通量が多い。
細心の注意を払って三脚を立て、メイン機を縦構図、サブ機を横構図でセット!

「そういえば震災前はここに溜池があったから溜池踏切なんだよなぁ~」と顧みていると、その踏切が鳴り、降り注ぐ太陽光を存分に浴びた『キハ205』が通過していった。

湊線に生きる”キハ205”、快晴下をゆく

普通,122D,撮影地:磯崎~平磯
鉄道写真1473
冬晴れの湊線を軽快に走る旧型車。

1/28
待ちに待った週末、翌日は何処へ行こうかと考えていた花金の夜、ひたちなか海浜鉄道のHPに目をやると、土曜日の午前中3往復のみ旧型キハ205での運転とあった。

583系天理臨やらEF60牽引によるELレトロ碓氷、磐城石川工臨など大小ネタが多かったこの日の関東地方、しかし私が選択したのは比較的空いているであろうここ湊線への訪問であった。

朝方は曇天の空模様であった為、すぐさま沿線へは向かわず、茨城名産干し芋の直売店に足を運び、手土産品を購入する。

9時を過ぎる頃にはみるみる回復し見事に綺麗な青天井、まずは1本目の下り列車を高田の鉄橋で狙い、磯崎界隈に移動した。

平磯‐磯崎間は芋畑が広がっている為、障害物の少ないストレート区間、線路横も綺麗に整地されているので非常に撮りやすい。

せっかく青空が広がったので、標準50mmのローアングルで構え準備完了!
阿字ヶ浦駅より折り返してくるキハを待つ。

そして、磯崎方の踏切が鳴ると、旧型キハ独特の走行音を響かせ軽快に駆け抜けていった。

これが今年の撮り納め、西陽を浴びる”旧型キハ”

普通,138D,撮影地:磯崎~平磯
ブログ3469
ローカルムード漂う湊線、終日運用に就くキハ205。

12月29日、立ち位置を変えながら中根界隈にて撮影を楽しんでいたのだが、午後からは北西からやって来る雲に悩まされる。
暗雲が立ち込めてきたのでポイントを変え、磯崎‐平磯のストレートへ陣を移した。

しかし、敵の襲来は早く援軍を交えて攻め立ててくる、案の定134~135D列車はものの見事に撃沈...
決着は阿字ヶ浦で折り返してくる次列車に託された。

さぁ!泣くも笑うも次が最後、今年の最終カットを勝利で終えるか、敗戦で終えるか...
そして、運命の踏切が鳴り、ファインダーを覗きじっと待つ。

もう後ろは振り返らず曇ったら真っ暗カットも覚悟の上。
結果はご覧の通りであった♪



《 ご挨拶 》
本年も当ブログ『NABEさんの撮り鉄紀行』をご贔屓いただいた読者の皆様、心より御礼申し上げます。
2016年も自分の撮りたい被写体を追い、取り上げていく所存でありますので、どうぞご贔屓のほど宜しくお願い申し上げます。

平成27年 12月31日 特急しおさい1号

湊線ゆく”キハ205”蒼い空とともに

普通,123D,撮影地:中根~高田の鉄橋
ブログ3466
冬晴れの蒼天下を旧型キハがゆく。

12月29日、今年も残すところ数える程度となり、我々鉄ちゃん界も間もなく仕事納めであるw
私もこの日が年内の撮り納め、本来なら未明より車を走らせカシオペア撮影に努めようと思っていたのだが、前日の天気予報もGPVも明朝はくもり優勢...

ましてや蒲須坂の鉄橋はまだ影が出るということで、結局布団を被ったまま爆睡、起きたら8時を過ぎていた。
後に知り合いのVカットも見て意気消沈してしまったことは言うまでもない...

そんな中、用を足しながらスマホを眺めていると、どうやら湊線の終日運用に『キハ205』が入っているらしい。
旧型キハが次々と引退していく中、唯一残るレトロ列車、これは撮り納めに相応しいということで国道51号を北上、1時間足らずで中根駅界隈に到着した。

早朝はよほど冷え込んだのだろうか、この時間になっても所々田んぼの霜は残っていた。
腰を据えるは定番中の定番であるストレートポイント、冬らしい澄みきった青空が広がっていたため大きくアングルに取り入れてみる。

うん、良い塩梅!
そして、程なくして踏切が鳴ると、足取り軽やかに旧型キハが蒼天下を駆け抜けていった。
NEXT≫
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR