FC2ブログ

真っ青な相模湾、玉川橋梁をゆく”ニーナ貨物”

”高速貨物B”,5095レ,撮影地:早川~根府川
鉄道写真1487
ブルトレ時代を彷彿とさせるEF66電気機関車、玉川橋梁をゆく。

2/4
この日の撮影行程は、午前中は両毛線にて115系と戯れ、午後からは上越線か烏山線に転戦するはずであった。

しかし、ご一緒していた友人より午後の東海道を下る貨物列車5095レの牽引機がゼロロクニーナこと「EF66-27号機」であると聞いた。

突如やって来たニーナ貨物撮影のチャンス!
だが、東海道本線は流石に遠い...散々悩んだが、次にいつ上京して来るかわからないし、ましてや週末に当たる確率など尚更低い。

決めた!よし、行こう!両毛線では444M列車まで撮影し、佐野SAのスマートICから高速に乗った。
時間的には余裕があると、この時点では思っていたのでエリア内にて佐野ラーメンを啜り英気を養う。

ここからは東北道、圏央道、小田原厚木道路を進み、石橋の玉川橋梁を目指す。
だが、お馴染みの西湘バイパスの渋滞、自身は小田原西ICで降りたが、並行して走る一般道も必然的に渋滞していた。

時刻は14時05分前、正直万事休すかと思ったが、早川駅裏の抜け道を駆使し、何とか時間を短縮、滑り込みセーフで石橋の定番俯瞰アングルに到着した。

既に多くのファンが陣取っていらっしゃったが、私好みのアングルは空いている!
早々に三脚を立て、6Dとコンデジをセット、普通列車を1本やり過ごし、トンネル出口より、濃紺色のゼロロクニーナが玉川橋梁を通過した。

とにもかくにも間に合ってよかった...某氏有難う御座います!
スポンサーサイト



185系「踊り子117号」、真っ青な相模湾を眺めて

”特急踊り子117号”,8037M,撮影地:早川~根府川
鉄道写真1304
185系ストライプ編成、真っ青な相模湾を横目に玉川橋梁をゆく。

12/17
稲取俯瞰にて踊り子107号まで抑えた後は、軽く小休憩を挟んで再び東海道本線へ蜻蛉返り、午前中にも訪れた石橋の玉川橋梁へ舞い戻った。

過去に同地では湘南色編成の185系は何度が抑えたが、ストライプ編成はまだ未履修であった。
A2・A4編成が無き今、10連185系は全てがストライプ、運用など全く調べずに撮影できるのは嬉しい限りである。

だが、懸念材料は橋梁への影、1年のうちで最も太陽高度が低く、日の入りが早いこの時期、切り位置が影で沈まないことを祈るばかりであった。

前走りの5095レのカモレをVに抑え、次は本命特急踊り子号。
影は迫りつつあったが、何とか大丈夫そうだ!

そして14時35分、長大編成の特急列車が橋梁上に姿を現した。

遥かに見えるは丹沢の山々、玉川橋梁をゆく”EF200代走貨物”

”高速貨物B”,5093レ,撮影地:早川~根府川
鉄道写真1298
柑橘の香り漂う石橋地区をゆくEF200貨物。

12/17
酒匂川橋梁にてLSE撮影後は、小田原城を横目に市内を抜け、海岸線に沿って南下JR線に転戦する。

狙うは、既に定期の関東運用を退き、その数自体も減らしているEF200機関車による代走貨物だ。
時間の都合上、あまり深追いは出来ないので、定番である玉川橋梁を俯瞰できる石橋で狙うことに。

到着と同時に全くのノーマークだった185系7連が悠々と南下していったことは目を瞑るとして、それほど時間もないのでテキパキと構図を決め、態勢を整える。

遥かに丹沢山地の山々も見え、空気の抜けはさすが冬といったところだろうか。
2本ほどの普通列車をやり過ごし、定刻を若干遅れて、トンネル出口から青い車体が見えた!

橋梁を渡る独特の渋い走行音を響かせ、長大編成の貨物列車はゆっくりと通過していった。
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR