FC2ブログ

長閑な田園に咲くひまわり、”銚子チキ工臨”と共に

”銚子工臨”,工9485レ,撮影地:滑河~下総神崎
鉄道写真2844

7/20
京成本線にて幸せの黄色い電車を撮影後は、自身の昼食、マイカーにもガソリンという名の昼食を与え移動を開始。

この日はディーゼル機関車牽引の銚子工臨も併せて運転されるため、毎度おなじみの成田線は幡谷踏切へ向かう。

それにしても茹だるような暑さ、比較的涼しい地に住まう私は内陸部の暑さを身にしみて痛感した。

取りあえず1発目は無難な編成写真を押さえ、知人と共に2発目のポイントを探す。

線路沿いの道路を流して走っていると丁度道端に咲くひまわりを発見、線路からは若干離れているが上手く撮影できないかということでカメラ片手にアングルを吟味してみる。

よし!何とか撮影できそうだ!
2本の普通列車で大まかな構図を確認し、いよいよ本番だ。

15時20分、滑河方からやって来た赤い凸が夏らしい光景に彩りを添えた。
スポンサーサイト



成田線にキヤ来やがった!、”キヤE195系”性能試験

試9573D,撮影地:久住~滑河
鉄道写真2676

6/12
レール輸送用新型気動車「キヤE195系」の性能試験がこのほどJR千葉支社管内でも行われた。

この日の走行は主に成田・鹿島線、地元を走るということで馴染みの諸先輩方や知人と半日追いかけた。

まずは定番幡谷踏切からスタート、天気予報は午後から晴れるとのことだったが、全く晴れる気配のない曇天の空模様。

ならばと、踏切ギリギリまで寄って望遠縦アングルで特徴的なフェイスを強調してみる。

そして正午を過ぎ踏切が鳴ると、トンネル先から明るく光るLEDライトが見えた。

しっかり引きつけ連写で撮影!う~ん、確かに出っ歯だわ...

緑に映える赤い凸、”銚子工臨”定尺チキ

"銚子工臨”,工9485レ,撮影地:滑河~下総神崎
鉄道写真2575

5/25
ロンチキ工臨から2週間、木々の緑がより一層濃くなる5月下旬、再び銚子工臨が運転された。

今回は定尺チキの輸送、地元の駅にて馴染みの同士と合流し、単線区間より撮影を始める。

1発目は定番幡谷踏切にて形式的な編成写真、2発目は山間路線風にサイドから望遠で圧縮して撮影してみる。

なかなか立ち位置が決まらず、田んぼ横の農道を右往左往、上下の普通列車で距離感と構図を確認し、ようやく納得できる立ち位置を見つけた。

さぁ~来い!15時20分前、近くの踏切がカンカン鳴りだすと、凸型機関車がファインダー内に滑り込んできた。

夏めく北総をゆく”銚子ロンチキ工臨”

”銚子工臨”,工9485レ,撮影地:久住~滑河
鉄道写真2573

5/11
木々の葉も新緑から深緑へと変わり、すっかり初夏の様相となった北総地区、約半年ぶりに銚子ロンチキ工臨が走るということで沿線へ出向いた。

今回は都合上単線区間の1発のみの撮影、定尺であれば定番の幡谷踏切で狙うのだが、ロンチキは長編成、後部が林の陰に隠れてしまう。

となると選択肢は自ずと滑河寄りの踏切ポイント、線路脇の草もややハイアングルで狙えばさほど気にならない。

1台は望遠で、もう1台は標準アングルの2丁体制で撮影に臨む。
先行する普通列車で切り位置とピントを確認し準備完了、ご一緒した諸先輩方と談笑しつつ真打の登場を待つ。

天気もお昼過ぎは曇る場面も見られたが、太陽周りに怪しい雲はない。
そして間もなく踏切が鳴ると、軽快なホイッスルと共にロンチキ工臨が通過していった。

冬枯れの北総なれど、赤黄映えしロンチキ工臨

”銚子工臨”,工9485レ,撮影地:成田~久住
鉄道写真2042

12/15
佐倉‐酒々井間のS字カーブにてロンチキ工臨撮影後は同列車を追随、高速を使い先回りして久住手前の内野踏切へ向かう。

だが如何せん時間が厳しい、撮影出来ないのも覚悟の上で向かうが、幸いなことに車の流れは順調、我が物顔で突き進むノロノロ車に出くわすこともなくスムーズに目的地に到着した。

といっても通過5分前程度、急いで機材をセッティングし構図を固め待機。
同地も曇り限定ポイントのためここでも曇ることを念ずる。

そして踏切が鳴り「列車が来ますご注意ください」の警告が聞こえると、DE10の赤とロンチキの黄が冬枯れの北総に彩りを添えた。
NEXT≫
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR