FC2ブログ

さらば415系1500番台、”末続俯瞰”惜別撮影

普通,676M,撮影地:広野~末続
ブログ3811
雄大な太平洋とのコラボも間もなく見納め。

3月22日、高萩界隈での撮影を8時過ぎまで楽しんだ後は、更に国道6号を北上、途中二ツ島や五浦海岸を眺めつつ福島県へ入り広野町へ向かった。

しかし、ここまで来ると薄雲ではあるが上空は雲が多い、取り敢えず668Mを軽く撮影し、頗る仮眠を取ることにした。
小一時間ほど英気を養うと、先ほどまで上空に居座っていた雲は消え、快晴の青空が広がった。

良し!ここまで回復すれば大丈夫だろうということで、早々とあるポイントへ向かう。
巷では通称ラブホ俯瞰と呼ばれている末続の俯瞰ポイントだ。

事前にリサーチすると、簡単なようで結構急な斜面らしいので準備を怠らずしっかりと足元を固め、アタックした。
10分足らずで上り終えると、そこには雄大な青い太平洋を見下ろせる絶景が広がっている。

震災前は、ここをED75牽引の貨物列車が走っていたのだから羨ましい限りだ。
登頂し数分後、早速同士がいらっしゃり暫し談笑、時が過ぎるに連れ、続々と鉄ちゃんが集まりプチお祭り状態となった。

下りの677Mでしっかりと構図を決め、上り列車の通過を待つ。
太陽周りに纏わり付く雲もなくVカットを確信、そして眼下の踏切の遮断機が下りると、雄大な太平洋を横目に415系が上っていった。

このカットをもって自身の415系撮影は〆
「長い間お疲れ様でした」という言葉を贈り、幕締めとする。
スポンサーサイト



再びの常盤路にて”415系”リベンジ撮影

普通,523M,撮影地:十王~高萩
ブログ3810
堂々8連の415系が朝の常盤路を駆ける。

3月22日、振替休日の振替休日となったこの日は、先日に引き続き「415系撮影紀行」と称し常盤路を再訪した。

未明の国道51号、245号、6号を北上し、日立バイパスにて日の出を拝み、再びの高萩界隈へ至った。

勿論、前回露出低下に泣いたリベンジを誓っていたので編成メインでの撮影を考えていたが、この日はこの時期にしては思いのほか空気が澄んでおり、遠くの山並みもはっきり見えていたので予定を変更、国道461号の斜面に三脚を立てた。

しかし、懸念材料だったのがカーブ先の影、ギリギリ抜けるかどうか微妙...
確認するにも、先行する列車はもうないため次がぶっつけ本番、そして6時30分過ぎ、朝陽を存分に受け堂々8連の415系が常磐路を北上した。

良し!影も無事に抜けた!

ときわの異端児も間もなく勇退、”415系1500番台”

普通,667M,撮影地:十王~高萩
ブログ3784
朝の常磐路を下るこの編成も間もなく見納め。

3月20日、本年も間もなくJRグループ大ダイヤ改正、全国各地懐かしの車両や往年の名列車がその役目を終え勇退する。
華々しく去るもの有らば、ひっそりと幕引きを図るものもある。

勝田車両センター所属の415系1500番台もその一つだ。
同系車両というと通称「白電」が印象深い方も多いだろうが、私はステンレス車の方が馴染み深い。

初めて水戸線に乗車した時のデットセクション区間走行は驚きを隠せなかったw

さて、この日は朝から常磐線は高萩界隈へ赴き、6時台にやってくる8連の下り列車を狙う。
しかし、上空は晴れているものの、太陽が昇る東の空は、見事に雲が湧いている。

諦めて高速へ飛び乗り、福島県方面へ向かってしまおうかとも考えたが、どうもいわき以北も芳しく無さそう...
逆転を信じ、計画通り十王~高萩のポイントに機材をセットした。

徐々に雲が薄くなり、期待に胸が膨らんだが、1本目の8連である523Mは露出弱で通過した。
う~ん、やはりダメか...

日の出前の分厚い雲は無くなったものの、今度は筋状の薄雲が広がってきた(;^ω^)
結局、その雲は取れることなく次の667Mの刻、それでも1本前に比べたら露出十分♪

朝らしい柔らかな光線を受け、ときわの異端児が小走りに通過していった。

間もなく梅雨明け、常盤路を”ホキ工臨”が駆ける

”水戸工臨”,工6382レ,撮影地:牛久~佐貫
ブログ2648
炎天下の常盤路をホキ工臨が駆ける。

7月12日、久々の鉄活動である。
今年の梅雨は例年とは違い梅雨の晴れ間が少ない。
まぁ~雨のしっとり感も捨てがたいが、やはり晴れカットが欲しいものである。

さて、久々の晴れ予報が出された週末、この日は常盤路をホキ工臨が走った。
前日に西金より発送されたバラストホキは、白昼堂堂夏の陽射しを浴び、常盤路を上る。
私もこれまた久々に牛久山に出てり、詰めかけた同士と共にホキ工臨を迎え撃った。

常陸国に”583系”、愛宕山にて回送列車を狙う

”583系送り込み回送”,回9433M,撮影地:羽鳥~岩間
ブログ2629
イベントを控えた国鉄583系が常盤路を下る。

6月25日、常磐線に583系が帰ってきた。
来る6月27日、かつての国鉄時代に幻の列車と称された583系列車を使用した『ひたち号』が復活する。
福島DCに関連した企画ということだが、真昼間の常磐線を国鉄電車が走るとなれば、こんな美味しいネタは他にはなかろう。

しかし、本運転日は撮影できないため、せめて送り込み回送でも撮影できればと思い、私自身も常磐線沿線へ赴いた。
天気は午後から回復傾向ということもあり、空気の抜けは悪かったが、愛宕山山頂に鎮座する愛宕神社境内の見晴台に陣取った。

時が流れるに連れ、時折下界を太陽光が照らす。
期待に胸膨らませ、神社の住職と暫し談笑していると、羽鳥方より583系独特のタイフォン音が木霊した。
しかし、御天道様はヘソを曲げられてしまったのか、列車通過時はまさかまさかのマンダーラ...
それでも、威風堂々常盤路を駆ける『583系国鉄電車』を切り取った♪
NEXT≫
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR