FC2ブログ

諸行無常の空模様、幡谷踏切にて”鹿島貨物”を狙う

1月29日、大寒から立春に架けてのこの時期が最も寒いと言われるが正しく意味正統、この日は今シーズン最も寒い朝となった。
だが、空は快晴でお天道様も燦々と輝いている、良し!今日は久々に成田線は『幡谷踏切』に行こう!という訳で列車に揺られ現地へと赴いた。

到着時の天気は概ね快晴♪今日は、何ら心配はないだろうと高を括っていたら、目的の貨物列車通過の30分程前からまるで筋斗雲のような小さな湧き雲が無数に発生...(^_^;)
終いには、背景を漆黒の闇に染め上げるほどにまで雲は発達し、敗北感が高まる。

しかし、この日の雲は我々の重苦しい空気を悟ったのか、あっという間に消え去り再び全開露出の快晴に♪
そして程なくして快晴下を『PF貨物』が上っていった。

”鹿島貨物”,1094レ,撮影地:滑河~久住
ブログ2239
冬枯れの北総路をゆく。
スポンサーサイト



真冬の早朝、”鹿島貨物”北浦橋梁シルエット

1月25日、数日前までの快晴予報は何処へやら?この日は、朝から雲が東の空を覆っていた。
しかし、南東から南西にかけての空は概ね快晴、太陽の昇る位置を考えると、何とかそれらしいカットを頂戴できるのではないかと悟り、北浦橋梁にて『鹿島貨物』撮影に努めた。

”鹿島貨物”,1095レ,撮影地:延方~鹿島神宮
ブログ2238
コンテナ引き連れ電機がゆく。

同地での初の試みであるシルエット撮影♪
土手道を右往左往し、同アングルに落ち着いたがう~ん(。-_-。)

高さを稼いでもう少し湖面を入れるべきだったかな?
普通の編成写真を撮影するより難しい...
次回、アングルの再構築が必須のようですw

大寒の候、”E491系”飯岡築堤を検測

1月19日、間もなく大寒、1年で最も寒くなるこの時期に総合検測車『E491系』による検測が行われた。
この日の検測は、総武本線『幕張~銚子』、某情報誌によると正午を過ぎた良き時間に飯岡築堤を通過するようだ。
天気も快晴であったため、迷うことなく撮影に赴いた。

”総合検測”,試9373M,撮影地:飯岡~倉橋
ブログ2215
安全運行を支える影の仕事人、飯岡築堤をゆく。

世間一般的にケツ打ちという撮影は好まれないのだろうが、サイドから狙う分には私は全く気にしない。
むしろこの日は、パンタの上がる上り方を撮りたかったのでケツ打ちがメインである♪

結果は目論んだ通りのVカット!
普段、同地では『255系』ばかり撮影していたので新鮮味を感じるカットとなった♪

強風吹き荒れる真岡路沿線、”おとちゃんSL”出発進行!

1月17日、一昨日の記事でも記したが、この日の天候は目まぐるしく変化していった。
『DL』客車回送撮影時は、快晴であった空も次第に雲に侵食され、北寄りの冷たい風が吹き始めた。
そう、予報通り上空を寒気が通過しているのだ。
今までの経験上、寒気はロクなことをしない...
社会通念上でも夏のゲリラ豪雨や冬の大豪雪も本を正せば寒気の仕業...
この日も我々に悪事を働くに違いない、そう思いながら先週同様、まずはシルエット撮影に努めた。

”SLもおか号”,6001レ,撮影地:寺内~真岡
ブログ2210
SLシルエット、大樹と共に。

幸い、この時点では空気を読んだが寒気による荒行を強いられることは無かった...(^_^;)
だが、ドレンを吐きながらの通過であったため、動輪が隠れてしまったのは、ちと痛手である。

さぁ~追っかけるべぇ~
追っかけ1発目は、西田井手前のストレート。

同上,撮影地:北真岡~西田井
ブログ2213
『C12‐66号機』が力強く駆け抜ける。

上記の絵を見る限り、一見快晴のようだが、太陽の周りに無数の雲が点在しており、通過直前までは曇っていたが、かろうじて晴れてくれた♪

しかし、喜びに浸っているのも束の間、次なる撮影地ではついに寒気が本領発揮!
徐々に北風が強くなり、北からは雪雲、風速は憶測ではあるが10m前後...
風というのは『SL』撮影においては難敵、通過時に一瞬でも止んでくれればいいのだが、その思い届かず、追っかけ2発目は客車が黒煙に巻かれてしまった...(^_^;)

同上,撮影地:市塙~笹原田
ブログ2212
『おとちゃんSL』往路の旅も間もなく終盤。

ポジティブに考えるのなら、横風吹き荒れたことで煙を切らずに済んだということだろうか...w
まぁ~同地での目的は、この日掲出された『おとちゃんヘッドマーク』を頂戴することだったので課題は達成できた♪

結果、往路はそこそこの成績を修めることができたが、復路はもう散々...
ものの見事に強風に泣かされた。

恥を晒すわけではないが、せっかく500円を払って天矢場のお立ち台にて撮影したので掲載しておこう。

6002レ,撮影地:茂木~天矢場
ブログ2214
強風に負けず、復路運用に就く。

小一時間前までは小雪がチラつき、空は曇天、このまま曇ることを予想してお立ち台に赴いたが、結果的に雲は抜け快晴に...
これならば道の駅裏での撮影でも良かったような気もするが、どっちみち風に泣かされたことは目に見えている。
ある意味、同地で撮影して正解だったのかもしれない。

いちよう追っかけ、もう2発ほど撮影したが、人様にお見せする程の代物ではないため割愛させていただきます。

寒中の”真岡鐵道”再び、『DL』牽引客車回送

1月17日、両毛線にて普通435M撮影後は、急いで真岡鐵道へ転戦した。
しかし、北関東道を東に向けて走っていると、壬生IC付近から再び濃い霧が発生...
宇都宮上三川付近も早朝ほどではないが、見通しが悪い、果たして真岡近辺は如何なものか?
真岡ICまで1kmの標識を過ぎると、多少は靄っていたが露出的には問題は無し!
ギリギリの到着となってしまったが、八木岡にて回送列車を迎え撃った。

”SLもおか号回送”,回6100レ,撮影地:真岡~寺内
ブログ2209
50系客車+『C12‐66』を引き連れ下館へ向かう。

両毛線ゆく”115系”、下野国に湘南あり

1月17日、約1週間ぶりの鉄活動、先週に引き続き下野国へ赴いた。
しかし、日本列島を覆う寒気の影響だろうか、この日の空模様は目まぐるしく変わった。
早朝は、濃い霧に覆われ視程距離は30m以下、幸い最初の目的地である両毛線沿線の霧は晴れてくれた。

さて、両毛線での目的は、近年数を減らしつつある国鉄型近郊列車『115系』の撮影である。
朝方は15~30分ヘッドで運転されるため効率的に撮影できる。
そして、現地に到着して5分後、朝陽を浴びた湘南カボチャが駆け抜けていった。

普通,427M,撮影地:岩舟~大平下
ブログ2207
若いものには負けんと言わんばかりに国鉄型が走る。

黄昏時の水郡路、”西金工臨”初発送

1月11日、真岡鐵道から転戦し、続いては水郡線にて本年の初発送となる西金工臨を狙う。
水郡沿線の午後といえば、湧き雲に悩まされることがほとんど...
しかし、この日の西金以南は概ね快晴、珍しく良い意味で気象情報が当たったのだw

大子からの単機回送も十分撮影可能な時間ではあったが、あまり北上しても致し方ないので西金駅にて暫しの待機。
入換作業見学を楽しむ。

”西金駅入換作業”
ブログ2153
入換作業に勤しむ『DE10‐1604号機』

この時点では入換灯は点灯しておらず、何ら本線走行と変わらぬ絵となった。
個人的には嬉しい収穫である♪

さて、時間も迫ったきたため本線に出て撮影地へ向かう。

”西金工臨”,工1890レ,撮影地:水郡線にて
ブログ2154
夕闇迫る水郡路を韋駄天走行する『DE10』

いやぁ~スピードが速いこと速いこと...
やや早切りしてしまったと思ったが、結果的にベストの切り位置であったようだ(^O^)

やはり、夕刻の陽射しを浴びて高揚するデーテンの姿は実に凛々しい♪
ここ最近、発送便の結果は芳しくなかったため、喜びも一入である。

冬晴れや、白煙輝く”八木岡シルエット”

1月11日、『DL牽引』による回送列車撮影後は、定番ポイントである八木岡へ赴き、SL列車を狙う。
この日の牽引機は『C11‐325号機』、ファンの間ではお馴染みであろう白煙機である。

さて、何処で狙おうか?
天を見上げると、相変わらず雲一つない快晴の青空。
寺岡発車も捨てがたかったが、ド逆光では今ひとつ...
ならばと八木岡シルエットを狙うことに相成ったのだ。

しかし、毎度のことながらアングルに悩む...(-.-;)
全編成を入れるか?、客車を切り捨てるか?、はたまた太陽を画角に取り入れるか?
悩みに悩みぬき、全編成アングルにまとめてみた。

”SLもおか号”,6001レ,撮影地:寺内~真岡
ブログ2152
汽笛一声、八木岡地区を駆ける!

目論見通り、白煙を棚引かせやって来た『SLもおか号』。
燦々と降り注ぐ太陽光に照らされ白煙が輝いた♪

良し!満足である(^O^)

日光連山を望む、”SLもおか号”送り込み回送 1/11

1月11日、前日の銚子電鉄『デハ1002号』引退イベントの興奮冷め止まぬ中、この日は『DL列車』の撮り初め。
馴染みの同士と共に真岡鐵道沿線へ赴いた。

現地へ向かう道中、国道294号からは雪化粧と化した日光連山がくっきりと見え、天気も快晴♪
まずは、寺内近辺にてかぶりつきアングルで回送列車を迎え撃ち良カットを頂戴し、急いで追っかけ下館バイパスへ。

到着後、障害物を避けるべくアングルを考えたが如何せん時間がない...。
結局、広告看板や高圧鉄塔は目を瞑り、回送列車を見送った。

”SLもおか号送り込み回送”,回6100レ,折本~下館二高前
ブログ2150
日光連山を背に下館へと向かう。

ありがとう『デハ1002号』、惜別の思いを噛み締めて

1月10日、銚子電鉄の名列車がまた1輛、黒潮の街から去る。
昨今は、復刻丸ノ内線分岐線カラーとして人気を博した『デハ1002号』が平成27年1月10日をもって惜しまれつつも引退した。

この日は、引退イベントとして物品販売や、臨時列車『ありがとう デハ1002号』が運転されるなど、各沿線はお祭り騒ぎの大盛況、老若男女問わず、多くの方々が最後の勇姿をカメラに収めていた。

勿論、私も沿線に赴き前半は撮り鉄活動、後半は乗り鉄に努め、終始引退イベントを満喫した。

臨時,列番不明,撮影地:海鹿島~君ヶ浜
ブログ2145
この日最初の臨時運用、引退イベントの幕開け。

冬の田畑は一般的には枯野であるが、ここ銚子は真冬が灯台キャベツの生産時期。
キャベツ一玉一玉も同車の引退を惜しんでいるだろう。

さて、臨時運用2往復目はメインイベントである『デハ1001』との協調運転。
既に君ヶ浜近辺は100名を超える同士が集い、今か今かと真打の登場を待った。

そして、風に乗ってガタゴトという音が聴こえると、名コンビがゆっくりと通過していった。

臨時『協調運転』,103M,撮影地:同上
ブログ2148
黄+赤の編成もこの日で見納め、この美しいコントラストは忘れることはないだろう。

復路も同地にて撮影し、その後は場所を移動、犬吠俯瞰にてサイドショット狙う。

105M,撮影地:犬吠駅
ブログ2147
犬吠埼灯台と協調運転のコラボレーション。

側面は薄いが、灯台との共演カットを頂戴できた。
何より海の青さが美しい♪

銚子の街を走り続けて20年強、雨の日も風の日もある時は雪の日もその歩みを止めることなく走り続けた『デハ1002』、多くの感動と思い出をありがとう♪

長い間、お疲れ様でしたm(_ _)m

国鉄時代を感じる”185系ストライプ編成”

1月9日、今年に入り、1日スッキリ晴れるという日が少ないように思ふ。
元日は雲多しの中、かろうじて晴れカットを頂戴できたが、明くる2日は曇天の中での成田臨撮影、先日も沿線には出てみたが見事に曇られてしまった...(^_^;)
『春に三日の晴れなし』ということわざはあるが、『冬に三日の晴れなし』という言葉は聞いたことがない。
今日こそは!という思いで、この日も成田線は我孫子支線にて成田臨撮影に努めた。

9836M,撮影地:下総松崎~安食
ブログ2144
西陽に照らされ、その車体を輝かせるストライプ編成。

どうしても茨城・千葉をホーム撮影地として鉄活動をしていると、中々撮影できないのが『185系』列車。
自分も同編成を撮影するのは初めてである。

人気がないのか撮影者は疎らであるが、同車も列記とした国鉄型であり、後に皆が挙って撮影することは目に見えている。

その時になって焦らないためにも今のうちからコツコツ撮影しておきたい。

189系”GUあずさ”成田山初詣列車に充当

1月2日、今年も成田山初詣臨時列車撮影の時期と相成った。
普段は滅多に見ることができないであろうバラエティーに富んだ列車が、多くの初詣客と共に成田の地にやって来る。

成田臨運転初日のこの日は、我孫子口に昨今何かと話題の豊田車両センター所属の189系M52編成が充当された。
そう、往年のレールファンには馴染み深いであろう『グレードアップあずさ編成』である。

正直、私は全くと言っていい程馴染みが無く、そういった車両が過去に走っていたということは書籍でしか知り得なかった。

その車両が千葉で見れる!
この好機を逃すまいと朝早くより、成田市は郷部の西野内踏切へ赴いた。

9530M,撮影地:下総松崎~成田
ブログ2139
今シーズン初の成田臨、先陣を切って『GUあずさ』が駆ける。

朝方の快晴の空は何処へやら?
残念ながら曇り空下での撮影となってしまったが、何より記録として残せたことの喜びは大きい♪

馴染みの同士との久々の鉄談義に華が咲き、充実した時間を過ごすことができた。
ご一緒致しました皆様、寒中の撮影大変お疲れ様でしたm(_ _)m

元日の”銚子電鉄”、『デハ1000形』協調運転

1月1日元日、謹んで新年のお慶び申し上げます。
本年もNABEさんの撮り鉄紀行を何卒ご贔屓のほど宜しくお願い申し上げますm(_ _)m

さて、2015年撮り鉄活動の初陣を飾るのは、昨年同様地元の銚子電鉄から。
生憎、元日のこの日は雲量も多く、晴れカットは期待できない。
当初の予定は君ヶ浜にて初日の出を拝んでから撮影に勤めるはずだったのだが、結局自宅を出たのが9時過ぎ、重役出勤で沿線へ赴いた。

普通,21M,撮影地:海鹿島~君ヶ浜
ブログ2138
新春らしい初日の出号ヘッドマークを掲げ、元日運用に就く。

公式の発表では、『デハ1001+1002』による協調運転は、午前10時までのはずであったが、21~22M運用まで延長された。
これは新年早々、嬉しい誤算である♪

まもなく勇退する『デハ1002形』、この編成美を拝めるのも残り僅かということもあり、沿線は多くの同士で賑わいを見せていた。
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR