FC2ブログ

そぼ降る秋雨、”銚子工臨”バルブ撮影

”銚子工臨”,工9372レ,撮影地:銚子駅
ブログ2813
そぼ降る雨の中、潮騒の街にて暫しの休憩。

9月16日、稲刈りも略觕終わり、一層秋らしくなった今日この頃、この日は新小岩(操)~銚子間にてホキ工臨が駆け抜けた。
残念ながら沿線撮影はできなかったものの、夜は時間が作れたため折り返し駅である銚子駅へと赴いた。

駅入場と当時にバラスト列車も定刻通り銚子に到着、直ぐさま入換の準備が始まる。
そして、午後8時前には復路の組成が完了した。

到着時は降っていなかった雨もこの時点ではシトシトと降り始め、ホーム、列車を濡らす。
前照灯が点いたのは一瞬だけであったが、秋の夜の撮影を楽しんだ。
スポンサーサイト



DD16牽引『風っこ八ヶ岳高原号』、雄大な浅間山と共に

”快速『風っこ八ヶ岳高原号』”,9212レ,撮影地:太田部~龍岡城
ブログ2763
雄大な浅間山を望み、八ヶ岳高原へ向け出発。

9月12日、この日は前々から楽しみにしていた小海線をゆく『風っこ八ヶ岳高原号』の運転日。
天気も久々の晴れ予報ということで馴染みの鉄友と共に中央道を西進、沿線を目指す。

まずは、取り敢えず下見がてら小淵沢の大カーブへ。
早朝始発前にも関わらず既に数名の同士が集まり始めていた。

我々は小淵沢始発のキハ110を捕えた後、涼やかな高原の風を感じつつ清里・野辺山・小海と北進し、最終的には風っこ号の始発駅である中込界隈まで出てきてしまった。

天気は予報通り快晴!!!
とは言い難い空模様、やはり盆地であり標高が高いためか水蒸気が抜けきらないのであろう...
しかし、そろそろ足場を固めなければということで定番ポイントであるが浅間山バックの田園ポイントに陣を張った。

いや~それにしても同士が多いこと多いこと...
正直ここまでの人出は予想していなかったが、久々に合う方々もいらっしゃり、終始和やかに列車通過を待つ。
空を見れば徐々に青空が広がってきた。
浅間山もハッキリとではないが山頂が顔を出し、良き塩梅に♪

そして9時半過ぎ、撮り鉄整理のJR職員による『間もなく通過します』との合図と共に踏切が鳴ると、カーブ先よりチビロクに牽かれた色彩鮮やかな『風っこ号』がのんびりとした足取りで通過した。
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR