FC2ブログ

房総を走るNEW TRAIN!”B.B.BASE銚子”を南酒々井にて

”B.B.BASE銚子”,9331M,撮影地:鉄道写真2219

2/17
本年1月よりJR千葉支社管内の各路線においてサイクリストをターゲットにした『B.B.BASE』なる団体列車が走っている。

特徴としては自転車を解体せずに車内へ持ち込め、愛車と共にそのまま目的地まで行けるという点だ。

使用している車両は南武線より転属してきた209系を改造した特別列車、カラーリングも白を基調としておりインパクトがある。

この日は両国から総武本線を経由して銚子へと至る『B.B.BASE銚子』の3回目の運転日、自身はまだ撮影していなかったので昨年6月以来となる南酒々井のカーブへ赴いた。

空も青く、イン側で広角での撮影も良かったが、前面の表示を強調したかったので今回はアウト側で構える。
馴染みの同士と談笑しつつ、この上ない練習電である普通列車の209系を撮影、よし構図は決まった!

そして9時5分過ぎ、背後の踏切が鳴ると、多くのサイクリストを乗せた列車がやって来た。
スポンサーサイト



北浦橋梁ゆく”鹿島貨物”水辺の枯れススキと共に

”鹿島貨物”,1094レ,撮影地:鹿島神宮~延方
鉄道写真2200

1/30
北浦橋梁での撮影というと、朝夕の貨物列車が有名であるが、冬場は白昼堂々橋梁を渡る1094列車も撮影できる。

この日も天気は良好、鹿スタにて荷載りの状況を確認するとフル積載に近い状態であった為、接近戦は止めて北浦の土手に腰かけた。

澄んだ青空、降り注ぐ日差し、冷たい北風は余計だが、天候は申し分ない条件。
構図はカメラを下に振り、枯れススキを程よく取り入れてみる。

全てのセッティングを終えて数分後、橋梁を渡り始めたロクヨンが見えた!
橋梁独特のジョイント音が徐々に大きくなると、青空に貨物列車の編成美が映えた。

迫る山影、夕刻の重田踏切にて”鹿島貨物”を撮る

”鹿島貨物”,1092レ,撮影地:大戸~下総神崎
鉄道写真2184

1/27
すっかりブログ更新が疎かになってしまったが、地元路線を中心に細々とは活動していたのでその報告を。

この日は、夕方に上る鹿島貨物を大戸‐下総神崎の重田踏切にて狙ってみた。
神崎界隈の日の入り時刻は16時59分、過去の経験からそろそろ山影も抜けるであろうと考えた。

ポイントに着くと、既に複数人の同士が思い思いの場所で構えていらっしゃった。
私は最近マイブームの望遠縦アングルで構える。

上り下りの普通列車は既に通過しているため練習はなし、ぶっつけ本番だ。
16時20分を過ぎると徐々に線路に向け山影が迫って来る。

背後の信号が青に切り替わると、機関車の2灯が見えた!
そして踏切が鳴り、ファインダー越しに徐々に近づいてくるPF機関車が一番手前の架線柱を過ぎたのと同時に連続シャッターを切った。
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR