FC2ブログ

雄々しきいすみの”国鉄キハ”、冬光線最後の祝日

普通,106D,撮影地:小谷松~大多喜
ブログ3680
雄々しき姿で房総の地を走る。

2月11日、建国記念の日のこの日は、久方ぶりに房総キハ王国との呼び声高いすみ鉄道へ馴染みの同士と共に赴いた。
最後に訪れたのは、昨年の田植え時期であったから約10ヶ月ぶりの訪問である。

目的は云わずと知れた昭和レトロな国鉄キハの面々、祝日のこの日はヘッドマークなしでの運転に加え、キハ28側には幌、ジャンパー栓が装備されている。

暦も2月となれば徐々に陽が高くなり、おそらく冬光線での撮影はラストチャンス、それに1日快晴予報と来れば撮り鉄魂に血が騒ぐというものだ。

ところがどっこい!朝の快速列車こそVカットを頂戴できたが、その後は青空などほぼ皆無の曇天に...
気象庁にもG○Vにもそして、お天気お姉さんにも尽く裏切られてしまったのだ。

ひまわり8号の衛星写真を見ると北総はバリ晴れ、ここで打ち切り地元へ戻って検測車撮影に努めるという一手もあったが、回復を信じ夷隅の里にて居残り学習。

これが功を奏したのか14時を回って空模様は劇的に回復、挫けず望みを捨てずに待った甲斐があった♪

お天道様の傾きを見るに106D列車は小谷松発車が良さげ、現地へ向かうとやはり考えることは皆同じ、複数の同士が既に鎮座していた。

我々も機材をセッティングし列車を待つ。
そして、影に包まれた小谷松駅にキハが入線、闇を抜けて光の海に出ると、陽を半面浴びたイケメン28が我々の前に姿を現した。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR