FC2ブログ

快晴の越後国、青い日本海と”青釜牽引貨物列車”

3093レ,撮影地:青海川~鯨波
鉄道写真0664
青い日本海を眺めつつ、越後路を下る。

9/3
毎年そうだが、今年の夏も関東地区はパッとしない天気が続いている。
9月第一週の週末も湿った空気が入るようで天気予報はいまいちであった。

しかし、甲信越地区の予報を見ると、燦々と晴れマークを輝かせている地があるではないか!そう、新潟県である。

新潟といえば現在、あれほど走っていた115系が次々と淘汰され、新型車両の活躍が目立ってきている。
なかなか赴く機会がなく、恥ずかしながら私は全く撮影していなかった。

この機会に撮影に赴きたくなり、突発ではあるが遠征を決断、深夜の一般道を進み越後国は信越海線を目指す。

関東は真夜中でもわかるようなどんよりとした空模様であったが、三国峠を越えると一転、満天の星空が迎えてくれた。
期待に胸を膨らませ日の出と共に柏崎入り、定番であるが鯨波の海岸ポイントに到着した。

なるほどさすが名ポイント、ロケーションは良い!
はじめは米山俯瞰での撮影も考えていたが、同地に留まることにした。

そういえば某掲示板には、元田端車のEF510(青釜)の貨物列車も信越本線を下るようである。
115系も良いが、こちらも併せて狙いたい!

手前に伸びていた影も抜け、いよいよ本格的に撮影を始めた。
特急しらゆき、糸魚川快速などの特急型車両を狙いつつ、地域色の115系もようやく抑えることができた♪

3両という短い編成ではあるが、風景にマッチした色彩は実に鮮やかであった。

さて、9時台の貨物列車は青釜のEF510、今か今かと通過の時を待つ。
そして、青海川方のカーブより3灯が見えると、鯨波海岸を横目に青ゴトーが通過していった。
スポンサーサイト



この記事へのコメント

トラックバック

URL :

プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR