FC2ブログ

白波立つ洋上、地球の丸く見える丘より”銚子電鉄”を望む

普通,23,撮影地:君ヶ浜~犬吠
鉄道写真2113

1/3
今年の正月三が日は太平洋側を中心に好天に恵まれたが、西高東低の冬型の気圧配置は健在で寒さは厳しかった。

そんな寒さの中ではあるが、この日も元気に地元路線の銚子電鉄を追った。
午前中は君ヶ浜界隈を中心に接近戦で責め、昼食を挿み午後からは機材を携え地球の丸く見える丘展望館へ久方ぶりに訪れてみた。

いざ最上階の展望スペースに立つと寒い!風速10mを超える強風が常時吹き荒れ、体感温度は氷点下。
他の観光客の邪魔にならぬようスペースの端で体を小刻みに動かしながらカメラを構える。

洋上は時化、白波が立っているのがよくわかる。
まずは、銚子行きの上り臨時列車を押さえて構図を確認、そこから15分程の待機。

防寒対策は万全にしてはいるものの寒い、早く来い早く来い。
そして14時14分、君ヶ浜駅を定刻通り発車した澪つくし号を切り取った。

迎春2018、年の初めは”銚子電鉄”

普通,17,撮影地:海鹿島~君ヶ浜
鉄道写真2085

1/1
すっかり元日の恒例行事となった銚子電鉄撮影、今年も澄みきった青空が広がり最高のコンディションである。

さて、先日の記事でも綴りましたが、銚子電鉄では新たなカラーリングを施した2001編成「青電」が運行を開始した。

前回は面縦構図にて撮影したため、今回は銚子名産の灯台キャベツを取り入れた風景アングルで切り取ってみる。

悩みどころはカメラを下に振るか上に振るか、キャベツの緑を取るか空の青さを取るか。
時間の関係上17列車のみの撮影であるため散々悩んだが、やはりキャベツを強調したかったのでカメラを下に振ることにした。

ガタンゴトンガタンゴトン、ローカル線ムードが漂う走行音が徐々に大きくなると、異彩を放つ2001編成が現れた。

「超レトロ化改造」”京成青電”銚子の地に奇跡の復活

普通,29,撮影地:海鹿島~君ヶ浜
鉄道写真2080

12/27
今年の5月下旬、銚子電鉄ホームページに『当社車両の超レトロ化改造』なるプレスがリリースされた。

平成22年に運行開始した2001形車両(2両編成)のうち1両をレトロ感あふれる車両へと内装を改造し、お客様に「古き良き日本」雰囲気を味わっていただけるよう、準備を進めてまいるとのこと。

そしてこのほど改造工事が終了し、お目見えしたのが同じく千葉県内を走る京成電鉄の往年の名車である青電塗装を施した2001形車両。

確かに超レトロ化に相応しい塗装となってのお目見えに度肝を抜かれたが、それ以上に銚子方のデハ2000は京王グリーン塗装のままであったことに驚きを隠せない。

裏を返せば1編成で京成と京王の車両が一目で楽しめるのだから面白いのかもしれない。
とはいっても、やはり青電車両のみ撮りたい!そうなると必然的に面縦撮影となる。

外川方のクハ2501を面縦で撮影となると君ヶ浜駅手前の第4種踏切が適地、望遠レンズにテレコンをつけ600mm相当で狙う。

寒風吹くキャベツ畑の中で待つこと暫し、真新しい青電塗装をまとった2000編成が車体を左右に揺らし下っていった。


《 ご挨拶 》
本年も当ブログ『NABEさんの撮り鉄紀行』をご贔屓いただいた読者の皆様、心より厚く御礼申し上げます。

2018年も本年同様、千葉・茨城を中心とした自分の撮りたい被写体を追い、取り上げていく所存でありますので、どうぞご贔屓のほど宜しくお願い申し上げます。

平成29年 12月 吉日 特急しおさい

青い海と青い車体、灯台を望む”愛宕山俯瞰”にて

普通,32,撮影地:犬吠~外川
鉄道写真1775

4/29
銚子電鉄の新型車両である3000形が運行を開始してから早いもので1年が経過した。
すっかり銚子の町に溶け込み、今や6.4キロの小さなローカル線を支える立役者である。

この日は午後から用事で銚子へ赴くと1日運用にはこの3000形が就いている。
天候も午前中はやや雲が多かったが、夕方はスッキリとした青空が広がった。

時間もあるしちょっくら俯瞰でもと思い、31列車を愛宕山中段で、折り返しの32列車を上段で狙う。
この時期にしては珍しく、水平線もくっきりで海も青い。

上段の立ち位置は3か所を別々の構図で切り取れるので、まずは犬吠駅入線をパシャリ、欧風駅舎と共にパシャリ、そして駅を発車した列車と灯台を絡めてパシャリ、正に一石三鳥!

撮影後は意気揚々と用事先へ向かった。

悩める男性へ朗報!?”銚子電鉄「黒髪祈願号」”運転

普通,9003,撮影地:海鹿島~君ヶ浜
鉄道写真1581

2/19
銚子電鉄では1月23日から約1か月間、育毛をテーマとした特別列車「黒髪祈願号」なる列車が運行された。

現在、ネーミングライツ契約により、笠上黒生(かさがみくろはえ)駅は「髪毛黒生(かみのけくろはえ)駅」の愛称が付いている。
それに乗じた企画らしく、列車には専用のヘッドマークも掲出されるということで撮影へ。

犬吠埼灯台の99段階段を小走りに駆け下り、君ヶ浜のキャベツ畑ポイントへ向かう。
勿論現地には同業の姿なし、手前に畑を入れ、無難な編成写真構図でセットする。

ポカポカ陽気の中待つこと暫し、青い車体とは補色の真っ赤なヘッドマークを掲げた黒髪祈願号が林の中より現れた。
≪PREVNEXT≫
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR