FC2ブログ

馬肥ゆる秋晴れ、山並みの紅葉と”赤べこ御一行”

配9232レ,撮影地:川桁~関都
ブログ3196
色付く山々を横目に一行は間もなく中山峠を駆け下る。

11月4日、滝ノ原にて良カットを頂戴した後は、直ぐさま車を猪苗代方面へと走らせ2発目を狙う。
スジ的にカツカツの追っかけになると予想していたが、思いのほか一行の葦は遅く、翁島では並走、猪苗代駅着前には既に追い抜いていたw

さて、向かうは川桁‐関都の順光ポイント、背景に磐越道が入ってしまうのは少々痛手だが、それ以上に蒼天の青空と山々の紅葉が美しい♪

先着されていた同士の方々に挨拶をし機材をセット、アングルに悩む暇なく直ぐさま赤べこ御一行が晩秋の会津路を駆け抜けた。

赤べこ牽引”返却回送”、滝ノ原磐梯山バック

配9232レ,撮影地:磐梯町~更科信号所
ブログ3184
澄んだ空に磐梯山、滝ノ原大築堤を赤べこ御一行がゆく。

11月4日、只見線で日本の四季の素晴らしさを肌身で感じた後、午後からの撮影の為一路若松方面へ車を走らせる。
あらだけの絶景を目に焼き付けたのだから足取りも軽やかだw

ところが柳津を過ぎた辺りからどうも空の様子がおかしい...
東へ向かえば向かうほど上空は灰色の空、天気予報では快晴予報が出されていた会津地方だが誤報だったのか?

よくよく考えてみると、ここは周辺を山々に囲まれている会津盆地、昼過ぎ頃までは水蒸気がとれないことが日常茶飯事だそうだ。
これでは早々に沿線へ出ても致し方ないので、鶴ヶ城や蚕養国神社といった会津の名所を訪ね歩いた。

刻は13時過ぎ、この頃には上空の水蒸気もとれ、澄んだ青空が広がった。
やや観光に時間を割き過ぎてしまった為、急いで初夏にも訪れた滝ノ原の大築堤へ向かう。

遅延行為をはたらく現地カーに先導されつつも、目的列車通過15分前には現地へ到着。
既に馴染みの鉄友とそのお仲間が待機されており非常にマッタリムード。

磐梯山も良き塩梅ということで、標準レンズでアングルを調整した。
そして、程なくして赤べここと『ED75‐759号機』に導かれゆっくりの配給列車が通過した。

磐梯山に”国鉄色”を据えて、滝ノ原大築堤

”快速あいづ4号”,3228M,撮影地:磐梯町~更科(信)
ブログ2528
春の磐梯山の麓を颯爽と駆け抜ける。

5月17日、中山峠俯瞰から一気に駆け下り、1号はダメ元ではあるが翁島界隈で水鏡を狙う。
磐梯山ははっきりと見えているため、後は列車通過時に風が止み、多少なりとも水鏡になる事を祈るばかりであった。
だが、願い虚しく踏切が鳴り始めると強風に煽られ水面が揺れる...
う~ん、自然界はそう甘くないということを痛感した。

さて、次の4号までは暫し時間が空く、喜多方方面へ舵を斬ろうかとも思ったが、腹も減ったため頗る早い昼食を摂り、英気を養った後、頃合を見て次ポイントの滝ノ原大築堤へと向かった。

同地も様々な作例があるが、私は空と水田をバランスよく入れたアングルに調整してみた。
いつもなら憎き薄雲も、今日ばかりは良きアクセントになっている♪

和む風景を見ていると時の経つのは早いものであっという間に通過の時刻に(^O^)
同士から磐梯町を発車したとの一声が上がると程なくして、素晴らしい情景に国鉄色編成がより一層のアクセントを据えた。

新緑の磐越西線、”中山峠俯瞰”にて『国鉄色』を狙う

”快速あいづ2号”,3234M,撮影地:中山宿~磐梯熱海
ブログ2524
若葉の香りを愛でながら、中山峠を駆け下る。


5月17日、風薫る良き時節となった今日この頃、関東地区では初夏の訪れを告げる菖蒲やポッピーなどの花々が見頃を迎えている。
田植えも山間部を除けば略觕終え、晩には蛙の大合唱だ。

その蛙たちのコーラスを聴きながら私はこの日、一般道を北上し、約1ヶ月ぶりとなる磐越西線へ赴いた。
非電化区間をゆく『C61』も然ることながら、目的は主に週末に運転されている485系と国鉄色編成による快速『あいづ号』の撮影である。

天気は関東とはうって変わって朝から快晴♪
まず1発目は一ノ沢界隈を考えていたが予定を変更し、昨秋にも登った中山峠俯瞰へアタックすることにした。
冬眠から覚めたであろうクマに警戒しつつ、林道&獣道を休憩を挟みながら約40分程かけて登ると、そこには新緑美し絶景が広がっていた。

先に登頂されていた同士の方々に挨拶をし、傾斜に腰を据え、機材をセッティング。
近頃人気の観光列車フルーティア等で画角を調整し、真打の登場を待つ。
時折やって来る薄雲にヒヤヒヤさせられたが、中山峠にタイフォン音が木霊すると国鉄特急色編成が姿を見せた。

※追伸
今回の記事より画像と文章の配置を変更いたしましたm(_ _)m

”DL青い12系客車号”、松野踏切かぶりつき

4月12日、往路の撮影を一通り終え、ぷらりと立ち寄ったラーメン店にて喜多方ラーメンを食し、復路の撮影に徹する。

さて、どこで狙うべ...
電化区間で横打ち磐梯山バックも捨てがたいが、あまりキツイ追っかけはしたくない。
知人とも相談し、まずは定番の松野踏切に落ち着くことと相成った。

いざ、現地へ行ってみると、同業こそ少ないものの、ゲバや脚立等で既に多くが場所取りがされており、手持ち無沙汰な機材では太刀打ちできない状況となっていた...
まぁ~ハイアンがダメならローアンで狙えばいい、ひな壇の先端で構えていた方々に挨拶をし、動画撮影の邪魔にならぬよう立ち位置(座り位置)を決める。

結局かぶりつきアングルだが、先行するキハにて構図を確認、山都方がやって来る喜多方交換の普電で最終確認をし、復路のDL客レがシャッター音の嵐の中を通過していった。

”DL青い12系客車号”,9233レ,撮影地:喜多方~山都
ブログ2453
会津の地に別れを告げ、磐越西線を西進する。
≪PREVNEXT≫
プロフィール

特急しおさい

Author:特急しおさい
この度は、当ブログにお越しいただき有難う御座います。

最近は、自分の撮りたいものを撮っております。

ブログをご覧になった際、拍手アイコンをポチッと押していただけると大変励みになります。

【 出没地 】
・関東近郊路線
・その他各路線沿線

【 使用機材 】
・CANON EOS6D
・CANON EOSkissX2

・CANON EF24-105mm F4L IS USM
・CANON EF100-400mm f/4.5-5.6L ISⅡ USM
・CANON EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS
・CANON EF50mm f/1.4 USM
・CANON Extender EF2×Ⅲ
・TAMRON SP70-200 F2.8 Di VC USD

・CANON IXY160

三脚
・ハスキー4段
・SLIK SC304
・Velbon CX444

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR